こどもたちのからだのこと

ブレステイキングストラップは、
“体と楽器”について深い関わりがあることに気付いた開発者が、体の負担を軽減するために作りました。
長時間の練習を続ける成長期のお子様の体には、大人以上に大きな負担がかかっています。
わたしたちのストラップは、成長期の子供たちの体を守ります。

サックスを吹く子供たちの体には、
大きな負担がかかっていることをご存知ですか?


これまでサックスを演奏する時には、ストラップで首から楽器を吊り下げることが当たり前と思われてきました。
しかし、よく考えてみると重さ2〜6kg もある楽器を長時間首から吊り下げている状態は、
決して体に良いことではないと容易に推測できます。
毎日の練習で、知らず知らずのうちに体を痛めているのです。
首の骨の変形から、頸椎ヘルニアを発症することもあります。
楽器による加重が、成長期のお子様の体にとって大きな負担となることは言うまでもありません。
ひどくなると、首の変形から、頸椎ヘルニア・自律神経失調症・不眠などを発症します。

見出し_楽器の加重.png

楽器の加重が体に及ぼす症状-01.png

サクソフォーンストラップの種類と特徴.png

ストラップの種類-01.png

体に負担をかけないストラップはこれ!


ブレステイキングだけ-01.png


加工ライザ.png

ブレステイキングストラップが選ばれる理由


 BREATHTAKING は、ストラップを
「単に楽器を吊り下げる道具ではなく、楽器の一部として演奏活動をもっと楽にもっと楽しくするもの」
 と、考えています。

からだにふわり-01.png

ご愛用者からいただいた声


写真-01.png

開発者の願い


30年にわたり、多くの中学校や高校で吹奏楽部の指導に携わってきました。
その中で、「気分が悪い」「頭が痛い」「体がだるい」など、
体の不調を訴える生徒さん達の声を聞く機会が度々ありました。
自分自身が頸椎ヘルニアを患う前までは、
それが楽器の重さを「首からぶら下げる」ことによる負担だとは思ってもみませんでした。
その負担を少しでも軽くしたい、という一心で手作りしたストラップでしたが、
生徒さん達にお貸しすると、「体が楽になる!音が良く出る!」と本当に喜んでくれました。
その笑顔が原動力となり、4 年の歳月をかけ2007年にこのストラップを製品化しました。
奏者の健康を守りたいと、切に願って作ったストラップです。
成長期のお子様に、是非お使いいただきたいと思います。

小村由美子



レッスン風景③.JPG